更年期障害の症状を緩和するためにはホルモンバランスを整えよう

医者と看護師

加齢に伴う体調の変化

下を向く女性

ホットフラッシュ

更年期障害は、ある年齢を境に、急に疲れやすくなったり、不眠がちになったりと様々な体の変化が現れます。その更年期障害の症状の中のひとつに、ホットフラッシュがあります。この症状は、季節に全く関係なく、突然大量の汗が吹き出します。顔や首、背中やわきの下など、ごく当たり前に汗をかく場所は勿論ですが、頭皮に至っては、毛穴から吹き出てるような感覚さえあります。このような更年期障害の症状が出ると人前に出るのも億劫になってしまいますが、汗わきパッドなどを使用したり、着衣で温度調整をできる工夫をしたりしましょう。また、更年期障害に効果的な漢方薬やサプリメントなどもありますので、医師に相談などして、更年期障害と上手に向き合うのも大切です。

生活を改善してみる

更年期障害の症状にはさまざまあり、その症状には個人差があります。更年期障害は、気分的にもふさぎがちになる事がありますが、自分1人で抱え込まず、家族の協力を得たり、病院に行ってみたりするのも良いと思います。更年期障害になると加齢も伴い、どうしても運動不足になりがちです。まずは、軽いストレッチから始め、ウォーキングや体に負担の掛からないプールでの運動などを始めてみるのも、症状が軽くなったりしますので、更年期障害には有効です。食事にも気を付ける事が大切です。更年期障害はエストロゲンという物質が減少して起こるので、この物質に似た作用を持つ大豆製品などを使用している納豆や豆腐、油揚げなどを意識して摂ると良いです。