更年期障害の症状を緩和するためにはホルモンバランスを整えよう

医者と看護師

自律神経失調症との関係

頭を押さえる女性

メカニズム

閉経前後になりますと、女性ホルモンの分泌が急激に減少していきます。卵巣から分泌される女性ホルモンとしてエストロゲンがあるのですが、エストロゲンが減少すると脳が卵巣へ分泌するようにと命令を出します。しかし、更年期には必要な量のエストロゲンを分泌することが出来ませんので、これによりホルモンのバランスが乱れてしまい更年期障害が起こるとされています。更年期障害はホルモンバランスの乱れだけではなく、ストレスや生活習慣なども関係してきますので注意しましょう。また、更年期に起こるものとは限らず、若年性の更年期障害も増加中ですから、ストレスを溜め込んだり過度なダイエットを行っている方は注意が必要かもしれません。

さまざまな症状

更年期障害の症状はひとつではありません。身体の症状としては発汗や火照り、のぼせ、頭痛、吐き気、動悸、全身疲労、肥満、むくみ、失禁、抜け毛などたくさんの症状が挙げられます。これらの症状が出たからと言って必ずしも更年期障害とは限りませんが、更年期時に現われたならば更年期障害を疑っても良いかもしれません。精神的な影響としてはうつ状態やイライラ、精神不安定、睡眠障害が起こりやすいとされています。更年期障害だと思っていたら実はうつ病だということもありますから、症状がなかなか緩和しない場合は専門医に診てもらった方が良いでしょう。適切な治療を施すことで短期間で更年期障害の症状が緩和されるケースもあります。