更年期障害の症状を緩和するためにはホルモンバランスを整えよう

医者と看護師

更年期に起こる不調

女医

時期と症状

更年期障害とは、更年期に起こる様々な身体の不調のことを言います。更年期は閉経の前後約10年の間を指します。一般的には40代半ばから50代半ば頃が更年期にあたります。ただ、閉経の時期は人によって異なりますし、更年期の長さも異なります。なので、40代や50代でなくても更年期障害を起こす人もいます。更年期障害が起こる原因は女性ホルモンの減少にあります。女性ホルモンが減少することによって自律神経のバランスが乱れ、のぼせ、ほてり、腹痛、微熱、頻脈、動悸、頭痛、めまい、息切れなど、様々な症状が現れます。自律神経の乱れによって起こる症状は非常に多岐に渡るため、更年期障害の症状を特定することは難しいとされています。

診断名がつかなくても

更年期障害は、閉経を迎える際に必ず起こるというわけではありません。更年期に更年期障害と診断される人は、3割程度だと言われています。しかし、身体に何かしらの不調や違和感を感じている人は少なくありません。日常生活に支障をきたすような症状が現れている場合には、更年期障害と言われますが、そうでない場合には病名はつきません。更年期障害は、女性ホルモンの減少によって自律神経の乱れを引き起こします。そのため、元々自律神経のバランスが乱れている人の場合には、更年期障害を起こしやすいとも考えられます。なので、中年に差し掛かる前から、自律神経のバランスを崩さないように、生活リズムを整えたり、バランスの良い食事を心がけたりするなどの対策をとる必要があります。しかし、若者を中心に不規則な生活や偏食などが増えているため、更年期障害を起こす人の数は増加すると考えられます。