更年期障害の症状を緩和するためにはホルモンバランスを整えよう

笑顔の女性ドクター

悪化を防ぐ

インフォ

更年期障害の症状が強く現れてしまうと、普通に生活することが難しくなってしまうことも少なくありません。意味もなくイライラしたり体が思うように動かなかったり、不安感のため外出できなくなる人もいます。そうしたら症状を少しでも和らげるために、近年では運動療法が注目されています。これは軽い運動やストレッチすることによって、心と体をリラックスさせて、気分転換を促すというものです。更年期障害には気分転換が有効に働くことが分かっていますので、病院でも勧めているところは少なくありません。また、同じような症状で苦しむ人が集まるために「自分だけではない」といった安心感も得られ、症状の改善に繋がると人気は高くなっているのです。

更年期障害の治療というと、ホルモン治療が主となっています。そもそも更年期障害は卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れが原因ですので、これは非常に高い効果を発揮してくれます。ですが更年期障害というのは、考え方や気持ちの持ちようによって変わるものともいわれているのです。ですので今後は、気持ちの持ち方を教えるような、講習会などが開かれるようになっていくのではないでしょうか。どうしたら良いか分からずに症状を悪化させてしまう人も多くいますので、これは大きな成果が期待できるような気がします。医師という専門家が行うことで素直に受け入れられるでしょうし、症状の緩和に繋がれば治療をせずとも快適に過ごすせる人も増えるでしょう。

更年期に起こる不調

女医

更年期とは、女性が閉経を迎える前後10年間のことを指します。この時期には女性ホルモンの量が低下するため、身体に不調が現れることがあります。このような状態を更年期障害と言います。自律神経のバランスを保つことが予防になります。

詳細

自律神経失調症との関係

頭を押さえる女性

更年期障害の症状は人によって様々ですし、発症期間も長期間患う方もいれば短期間で軽い症状で治まる場合もあります。症状がなかなか緩和されない場合は専門クリニックで治療を受けることも改善させるには必要でしょう。

詳細